院長ブログ

ブログ一覧

抗体検査の結果が出ました

 

オミクロンとドカ雪で北海道中ひどい目にあった令和4年2月でしたが、
3月に入り両方ともようやく落ち着きつつあります。

 

 さて新型コロナワクチンの話ですが、私は昨年の
4月28日、5月19日と接種。
3回目は1月12日に接種しました。

 

前回のブログで副反応が結構出たと書いたのですが
今回は抗体値を調べてみました。

 

3回目接種前が526U/ml、接種4週間後は15592U/mlでした。
上昇率29.6倍。十分な数字で、まずは一安心でした。
ちなみに愛知県の藤田医科大学によると、ファイザー3回で
抗体値上昇率が平均27.9倍とされていたので、ほぼ一致しています。


ところが2月19日に厚労省が報告した内容だとファイザー3回で
抗体値上昇率54倍、3回目をモデルナにすると68倍との事です。


特に高齢者は両方とも100倍とのこと。
自分が平均以下なのか、厚労省の数字が良すぎて信用できないのか。
ちょっと納得いかないと思いつつも今日も発熱外来と個別接種頑張ります。

 

 

TOPへ戻る

 

 

2022年03月29日

新型コロナワクチン3回接種しました



令和4年最初のブログ更新です。
気づけば昨年6月以来ですっかりご無沙汰になってしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いします。


新型コロナは昨年夏に今までで最悪の第5波がやってきて
11月、12月はつかの間の小康状態。

そして新たなオミクロン株も加わり、ついに第6波が到来してしまいました。

 

加えて記録的な寒波、大雪と今年も波乱の幕開けとなりました。

当院スタッフは1月12日に三回目のワクチン接種を行いました。


二回目接種からちょうど8か月目です。
そこで私は前の日に抗体定量を行いました。
実際にどの程度、抗体が低くなっているのか知りたかったのです。

結果は526U/ml。
「思ったより下がってないな」と思いました。

 

解説しますと今までの研究から二回接種後、
平均するとこの数字が2000くらいまで上がることがわかっています。


8か月経ってこのくらいまで(26%)下がってしまったのですが
200以上あれば(オミクロン株以外には)十分な抗体量なのです。
良いタイミングでの三回目接種になりました。

 


さて気になる三回目の副反応の報告です


私の場合、一回目と二回目は腕が何かに
触れた時に軽く痛みを感じる程度。

 

倦怠感もありましたがたいしたことはなく、お薬を飲むことはありませんでした。
全体に軽めにすんだ印象です。

 

二回目と三回目の副反応は同程度という
厚労省の報告もあり今回も割と楽観的でした。

 

ところが三回目は今までよりきつめの反応がでてしまったのです。


水曜の朝8時に注射したのですが7-8時間後くらいから腕の痛みが強くなってきました。


腫れてはいないものの少し動かすと痛みが走り、
2リットルのペットボトルを持った時に「いてててて」と声が出てしまいました。

 

同時に風邪のような倦怠感というか不快感もあり夜はひたすらゴロゴロして過ごしました。
ついにワクチン後、初めてロキソニンを飲みました。

 

7時間寝て起きた時には痛みと倦怠感はかなりましな感じでしたが、
熱を測ると37.6度まで上がっていたのです。

 

 


症状は強くなかったのですが、
その日も仕事だったので念のため、もう一度ロキソニンを飲みました。

 

以後、微熱と倦怠感を繰り返し完全に回復するまで4-5日かかりました。


私以外のスタッフでは二回目に38度台の高熱が出た人が今回も発熱し

前回より解熱剤の効きが悪かったそうです。


これだと不安になる人もいるだろうなと実感しましたが
本当に感染したことを想像したら打たないという選択肢はあり得なかったと思います。


一か月後にもう一度、抗体の量を測ってみて報告しようと思います。

 

 

ブログ一覧へ戻る

2022年01月18日

新型コロナの抗体検査をアップデートしました

ワクチン接種後に抗体ができているか
どうかの判定もできます。

抗体検査とは二週間以前に新型コロナウィルスに
感染していたかどうかを調べる検査です。


この度、新製品を導入しました!

 

新たにワクチン接種後に抗体が
ちゃんとできているかどうかの判定
できるようになりました。


指先から微量の採血を行い
10分程度で結果が判明します。


従来品:以前にコロナに感染していたか
どうかがわかる。


新製品:以前にコロナに感染していたか
どうかがわかる+ワクチンによって抗体が
できているかどうかもわかる。

 


院長の検査結果です。
ワクチン二回目を接種して12日後に検査しました。

↑従来品

↑新製品



新製品ではIgGに赤い線が出ていて抗体が
できていることがわかります。

従来品ではIgGに反応がありません。

 

これで私はコロナに感染したことが無く
ワクチン接種によって抗体を獲得したと
証明されました。


料金(健康保険適用外)  5000円(税込み)

 

検査キットの価格改定に合わせて
料金を大幅に引き下げました。  


検査終了後、結果の証明書をお渡しします。


上の写真のように検査結果をご自分のスマホなどで
写真撮影していただけます。


※ワクチンの有効性判定には2回目接種から

1週間後以降がお勧めです。

 

 



 

ブログ一覧へ戻る



2021年06月02日

感染対策強化の報告と感謝


新型コロナの流行が始まってすでに一年以上、
春になっても、なかなか収束が見えてきませんね。


ワクチンの普及によって事態が改善するのを待つばかりです。


北海道では「エールを北の医療へ!」という事業で
医療従事者支援、医療資機材の整備を目的として
寄付金を募集してきました。

 

おかげさまで多くの支援が集まったそうです。
当院も発熱外来を行っていることから
補助金の対象となり
支給していただけることになりました。


そこで早速、感染対策の改善、強化を行いました。


まずは受付、会計のパーティションです。
実は今までホームセンターで購入したビニールを
洗濯紐で吊り下げて自作しており、
ちょっとみすぼらしいなぁと思っていました。


(ビフォー)

 


今回、改めて業者さんに工事をお願いしてアルミ枠に
アクリル板をはめこんだ機能、見た目とも完璧な物に改良。

(アフター)


また診療所入口にサーモグラフィーカメラを設置し
体温測定がノータッチでできるようにしました

 

他に業務用の空気清浄機の追加購入、
発熱外来用に手を触れずに蓋の開閉ができる
ゴミ箱を購入しました。
(すごく便利で自分でも買うかどうか検討中)

 

今までの工夫に加え、
さらに理想的な感染対策ができたと思います。


改めて寄付をしていただいた皆様方をはじめ
地域医療を見守り応援してくださる方たちに

心から感謝を申し上げます。


おまけ。自腹で購入した物
最近、処置室の壁に掛けたところ
患者さんたちに好評です。


1000ピースのジグソーパズルで二週間かけて完成。
特徴の無い真っ黒なピースがたくさんあって
心が折れそうになりましたが、がんばりました。
厄除けにぴったりですね。

 


ゴールデンウィークの診療予定
本年も例年通り、カレンダー通りの診療予定です。
4/29, 5/2-5/5休診。5/1土曜日は午前診療。

 

ブログ一覧へ戻る

2021年03月30日

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 本日はお正月らしく、丑年にちなんでの話題です


皆さんはワクチンという言葉の語源が、
ラテン語の雄牛(vacca)である事をご存じでしょうか?

 

これは世界初のワクチンである天然痘のワクチンが、
牛から作られたことに由来します。

 

歴史は古く、日本だと江戸時代、
11代将軍家斉の頃だそうです。
そして現在、天然痘は根絶しています。

 

 かつて「ペスト」という疫病を媒介した
ねずみの年に新型コロナが大流行し、
牛の年にワクチンが広まって収束する。


そんな希望をもって新年を迎えたいと思います。

 

 当院では発熱者専用の別館診察室
(保健所の開設許可取得済み)を作りましたので、
新型コロナやインフルエンザの可能性がある患者さんと、
それ以外の患者さんが接近することは完全にありません。

 

しっかりと予防対策をとっておりますので、
安心して受診なさってください^^

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2021年01月06日
» 続きを読む
                                

TOPに戻る