院長ブログ

ブログ一覧

新型コロナの抗体検査をアップデートしました

ワクチン接種後に抗体ができているか
どうかの判定もできます。

抗体検査とは二週間以前に新型コロナウィルスに
感染していたかどうかを調べる検査です。


この度、新製品を導入しました!

 

新たにワクチン接種後に抗体が
ちゃんとできているかどうかの判定
できるようになりました。


指先から微量の採血を行い
10分程度で結果が判明します。


従来品:以前にコロナに感染していたか
どうかがわかる。


新製品:以前にコロナに感染していたか
どうかがわかる+ワクチンによって抗体が
できているかどうかもわかる。

 


院長の検査結果です。
ワクチン二回目を接種して12日後に検査しました。

↑従来品

↑新製品



新製品ではIgGに赤い線が出ていて抗体が
できていることがわかります。

従来品ではIgGに反応がありません。

 

これで私はコロナに感染したことが無く
ワクチン接種によって抗体を獲得したと
証明されました。


料金(健康保険適用外)  5000円(税込み)

 

検査キットの価格改定に合わせて
料金を大幅に引き下げました。  


検査終了後、結果の証明書をお渡しします。


上の写真のように検査結果をご自分のスマホなどで
写真撮影していただけます。


※ワクチンの有効性判定には2回目接種から

1週間後以降がお勧めです。

 

 



 

ブログ一覧へ戻る



2021年06月02日

感染対策強化の報告と感謝


新型コロナの流行が始まってすでに一年以上、
春になっても、なかなか収束が見えてきませんね。


ワクチンの普及によって事態が改善するのを待つばかりです。


北海道では「エールを北の医療へ!」という事業で
医療従事者支援、医療資機材の整備を目的として
寄付金を募集してきました。

 

おかげさまで多くの支援が集まったそうです。
当院も発熱外来を行っていることから
補助金の対象となり
支給していただけることになりました。


そこで早速、感染対策の改善、強化を行いました。


まずは受付、会計のパーティションです。
実は今までホームセンターで購入したビニールを
洗濯紐で吊り下げて自作しており、
ちょっとみすぼらしいなぁと思っていました。


(ビフォー)

 


今回、改めて業者さんに工事をお願いしてアルミ枠に
アクリル板をはめこんだ機能、見た目とも完璧な物に改良。

(アフター)


また診療所入口にサーモグラフィーカメラを設置し
体温測定がノータッチでできるようにしました

 

他に業務用の空気清浄機の追加購入、
発熱外来用に手を触れずに蓋の開閉ができる
ゴミ箱を購入しました。
(すごく便利で自分でも買うかどうか検討中)

 

今までの工夫に加え、
さらに理想的な感染対策ができたと思います。


改めて寄付をしていただいた皆様方をはじめ
地域医療を見守り応援してくださる方たちに

心から感謝を申し上げます。


おまけ。自腹で購入した物
最近、処置室の壁に掛けたところ
患者さんたちに好評です。


1000ピースのジグソーパズルで二週間かけて完成。
特徴の無い真っ黒なピースがたくさんあって
心が折れそうになりましたが、がんばりました。
厄除けにぴったりですね。

 


ゴールデンウィークの診療予定
本年も例年通り、カレンダー通りの診療予定です。
4/29, 5/2-5/5休診。5/1土曜日は午前診療。

 

ブログ一覧へ戻る

2021年03月30日

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 本日はお正月らしく、丑年にちなんでの話題です


皆さんはワクチンという言葉の語源が、
ラテン語の雄牛(vacca)である事をご存じでしょうか?

 

これは世界初のワクチンである天然痘のワクチンが、
牛から作られたことに由来します。

 

歴史は古く、日本だと江戸時代、
11代将軍家斉の頃だそうです。
そして現在、天然痘は根絶しています。

 

 かつて「ペスト」という疫病を媒介した
ねずみの年に新型コロナが大流行し、
牛の年にワクチンが広まって収束する。


そんな希望をもって新年を迎えたいと思います。

 

 当院では発熱者専用の別館診察室
(保健所の開設許可取得済み)を作りましたので、
新型コロナやインフルエンザの可能性がある患者さんと、
それ以外の患者さんが接近することは完全にありません。

 

しっかりと予防対策をとっておりますので、
安心して受診なさってください^^

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2021年01月06日

新型コロナ感染症PCR検査について

 

当院でのPCR検査は原則的に保健所からの
紹介患者さんに限って行っています。
曜日、時間も限定しています。


大変申し訳ありませんが事前の電話連絡が必須で、
現時点では予約なしでの受診には対応できません。

 

現在、札幌市は感染拡大状況にあり、
市外・道外との往来が難しい状況にあります。
しかしながら必要不可欠な状況での
旅行といったケースはあると思います。

 

①高齢の親、兄弟が入院した、
あるいは介護が必要な状況にあり市外に行く必要がある

②業務で出張が必要だが
、出張先で事前のウィルス検査を要求されている

 

濃厚接触あるいは疑わしい症状がない場合、
健康保険を使っての検査はできませんが、
上記のような状況に限り、
自費での検査の相談を受ける事にしました。

 

料金はPCR検査、検査証明書の郵送を含めて
税込み30000円です。

 

さらに正確を期すための抗体検査
(当日10分ほどで結果が判明します)を
セットにした場合
税込み32000円になります。

(VISA、MASTER、JACCSでのカード払いも可)

 

完全予約制ですので、ご希望があれば電話連絡をお願いします。

 

なお、現在札幌市は検査状況も
ひっぱくしておりますので、医師が問診の上、
必要不可欠と思われない検査はお受けできません。

 

不安解消のため検査を受けたいという
気持ちはわかりますが、
今のところはご遠慮願います。
m(__)m

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る


2020年12月05日

感染対策をアップグレード。思い切って別館を作りました

冬を迎え、心配していた新型コロナウィルス感染症の
第3波がやってきました。


第一波,第二波の時に「病院には発熱者が
たくさん来ていて、受診したらコロナをうつされる」
との不安から


必要なお薬の処方や幼小児の必要不可欠な
予防注射を控える方がたくさんいらっしゃいました。
(実際には受診控えのため待合室はガラガラの状態)

 

従来から十分な感染対策をしており
ほぼ心配いらないのですが、
さらに不安を解消するため、新たに
発熱者専用のミニ診察室を作りました

★こちらが入り口です
(順番に案内しますので入らずお待ちください)

 

同じ敷地内ですが、完全に別棟です。


当院でメンテナンスをお願いしている工務店に
依頼し、期待以上にしっかりした感染対策を施しました。

 

これで発熱、感染疑いの方とそれ以外の方が

院内で接近することは完全になくなりました。

 

★入口にてお座りいただきます

 

★パーティションごしに問診いたします

 

元々は私の父が高齢者用施設、

シニアサロン「ひまわり」(現在閉館)として
一軒家を改装した建物を今回、
改めて診察室として再改装ました。


私とスタッフは行ったり来たりで結構大変ですが、
定期通院など熱のない患者さんも、
発熱の患者さんも、双方安心して受診できると思います。

 

発熱患者さんに関しては、
事前の電話連絡をお願いします。


電話で受診方法の案内と、他の患者さんと
重ならないように時間の調整を行います。

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2020年11月19日
» 続きを読む
                                

TOPに戻る