院長ブログ

ブログ一覧

風疹と予防注射について



すっかり寒くなり風邪の患者さんが増えてきました。

小川医院でも今シーズン第一号のインフルエンザ患者さんを診察しました。いよいよ感染症の流行期が始まりそうです。


 さて現在、最も話題になっている感染症が風疹です。昭和38年生まれの私は中学生の時に実際にかかっていて当時、学級閉鎖になった記憶があります。

その後、定期予防接種が始まり大きな流行はなくなったのですが2000年代に入ってたびたび流行が見られるようになりました。

最近ですと平成25年に年間14344人の感染が認められ先天性風疹症候群が45人に発症してしまいました。

今年、平成30年10月の段階で全国に1291人の風疹が発症しており過去3年間では発症者が0人だった札幌でも今年は5人が報告されています。

 


風疹の怖さ 


風疹は潜伏期2-3週間ほどで発症します。発熱と全身にひろがる小さな点状の発疹が特徴です。

かなり強い感染力を持っていて風疹患者さんが1人いると(免疫を持っていない人)5人から7人にうつす力があるといいます。

ちなみにインフルエンザは1人から2人と言われています。


 特に問題となるのは先天性風疹症候群です。妊娠20週未満の妊婦さんが風疹にかかった場合、赤ちゃんの目や耳や心臓などに悪い影響がでることが知られています。先天性風疹症候群と呼ばれています。

風疹に対する免疫力(抗体)を持っているかどうか
 まず実際に風疹にかかったことのある人は基本的に大丈夫です。ただ子供の頃にかかっていた場合、記憶が正しいかどうかが問題です。

本当はかかっていなかったのに、そう思い込んでいたという人もかなりいるようです。ご両親などに確認が必要です。

感染歴のない方の場合は予防注射の制度が時代によって違うため生まれた年と性別によって異なります。

 女性の場合。昭和37年生まれから平成元年生まれの方。予防注射はうけていても一回であることがほとんどです。

抗体価が不十分つまり風疹にかかりやすい状態である可能性があります。

 男性の場合。昭和54年以前に生まれた方は予防注射をうけていない方がほとんどです。

昭和54年から平成元年生まれの方は予防注射をうけていても一回であることがほとんどです。抗体価が不十分である可能性があります。

 


抗体検査と料金


風疹に実際にかかったことがなくて予防注射をうけていないか子供の時に一回しか受けていない方には抗体検査をお勧めします。

健康保険の対象外になります。

風疹抗体HI法 1780円(税込) EIA法 3240円(税込)


HI法では16倍以下、EIA法では8.0未満の数値が出た場合、ワクチン接種が勧められます。
※HI法とEIA法の違い 日本では長くHI法が標準的に使われてきました。国際的にはより正確なEIA法を推奨している国が多いようです。

 


札幌市在住の方で

1. 妊娠を希望している女性、2. 妊婦の配偶者 

については無料で検査できます。

 

実際にかかったことがある方、ワクチンを打っている方、抗体検査をすでにしている方は該当しません。
2の男性に関しては妊娠時健診で妊婦さんの風疹の抗体価が低かった場合、あるいは妊婦さんが抗体価検査をうけていない場合に限ります。
札幌市以外の方はご自身の住民票のある自治体に問い合わせてください。

 


ワクチンと料金


成人のワクチン接種は全額自費となります。

ワクチンの有効率は高く1回接種で十分な抗体ができる率は95%, 2回で99%と報告されています。

成人の場合、基本は1回接種ですがご希望があれば2回目の接種も可能です。その場合、4週間の間隔が必要です。

風疹ワクチン 6300円(税込)
MR(はしかと風疹のワクチンが混合されています)ワクチン 8000円(税込)

※現在、全国的に風疹単独ワクチンが不足しており、ほとんど流通していません。そこでMRワクチンの接種をお勧めしています。

風疹への感染歴、予防注射接種歴がないことがはっきりしている方については抗体検査なしでワクチンを打つことも可能だと思います。

不明な点は医師にお問い合わせください

 

 


平成30年10月23日 医療法人社団 小川医院 院長 小川貴史
tel 011-864-7995 HP http://ogawa-clinic1.com

2018年12月03日

インフルエンザ予防注射開始のお知らせ!一部の日曜日も可能です

インフルエンザ予防接種を10月15日から始めます。

月容から土曜日も診療時間内にワクチンを打てます。(木曜午後を除く)
12歳以下の小児についてのみ電話が予約が必要です。13歳以上は1回接種、12歳以下の小児は2回接種です。

インフルエンザワクチンは接種後2週間くらいから有効となり(抗体ができる)効果は5か月程度持続すると言われています。
インフルエンザは12月ころから増え始め2月から3月に流行のピークを迎えるため、11月から12月初旬のころまでのワクチン接種をお勧めしています。

また、今年から日曜日にインフルエンザワクチン接種専用の日を設ける事にしました。日程は11月11日、25日、12月2日、16日です。
時間は9時から12時までで完全予約制です。接種予定日前々日の金曜日までに電話予約してください。

日曜日は医師一人と看護師一人の最小限のスタッフしかおりませんので、小さなお子さんの接種は難しく、
対象は小学生以上(スタッフの補助なしで注射を受けられる方)とさせていただきます。

 

2018年10月01日

ワクチンデーを考えています

今年は東京などで早くもインフルエンザによる学級閉鎖のニュースが流れてきました。そこで気になるのが予防注射です。

現在まだワクチンの入荷時期は決まっていませんが例年、10月の第三週から開始しています。昨年度は供給不足が問題になりました。

インフルエンザの流行期から考えると11月から1月初旬までに予防注射をしておくことが望ましいと言われています。

小川医院では本年11月、12月(もしかしたら来年1月まで)月に二回、日曜日に予防注射を打てる日を設けようかと考えています

平日は仕事で来られない方はこの機会に検討していただけると幸いです

またその日は普通の診療は行いませんので感染症の患者さんとの接触がないというメリットがあると思います。

スタッフが休日出勤となりますので必要最小限の人数となります。完全予約制で原則小学生以上で始めようと考えています。

具体的な日時が決定したらまたお知らせしたいと思います。

2018年09月14日

ホームページをリニューアルしました

はじめまして

小川医院院長の小川貴史(たかふみ)です。

 

小川医院は来年で開院55周年を迎える白石区の内科診療所です。
私の父、「ドクター小川」こと小川哲夫が創設し今日に至っています。


私はキャリア30年の内科医ですが地域の「町医者」として小児科、皮膚科のプライマリケア(初期治療)、
父の専門分野であった漢方処方も可能な限り行っています。どうぞよろしくお願いします。


さて今年の6月26日に当院創設者であり前理事長の小川哲夫が86歳で亡くなりました。
(父の生涯や闘病記などはいずれこのブログなどで触れたいと思っています)


お年の割に新しい物が好きだった父はかなり以前からホームページを立ち上げていて

運営もほぼ自分一人で行っていました。


父の突然の死亡により宙に浮いた状態の旧ホームページは

サーバーやドメインの契約先さえわかりませんでした。


私は数日間パソコンや電話の前で悶絶しつつ、なんとか契約先を見つける所までこぎつけたのですが

死亡者の契約を継続することはできず
旧ホームページは残念ながら7月31日にネット上から消滅してしまいました。


新ホームページをなんとかしなくては思いつつ父の死亡後の届け出やら

小川医院の引き継ぎやら事務作業に追われる毎日。
この二か月間で書類に自分の名前と住所を書いて印鑑を押すという作業を

今までの一生分くらいやったのではないかというくらいでした。

 

それでも父の遺志をついでできるだけ手作りのホームページをと思い

悪戦苦闘の末、なんとか公開にこぎつけました。


これからはこの新ホームページで情報発信していきます。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

 

 

2018年08月31日
                                トップページへ