ブログ一覧

ホームページをリニューアルしました

はじめまして

小川医院院長の小川貴史(たかふみ)です。

 

小川医院は来年で開院55周年を迎える白石区の内科診療所です。
私の父、「ドクター小川」こと小川哲夫が創設し今日に至っています。


私はキャリア30年の内科医ですが地域の「町医者」として小児科、皮膚科のプライマリケア(初期治療)、
父の専門分野であった漢方処方も可能な限り行っています。どうぞよろしくお願いします。


さて今年の6月26日に当院創設者であり前理事長の小川哲夫が86歳で亡くなりました。
(父の生涯や闘病記などはいずれこのブログなどで触れたいと思っています)


お年の割に新しい物が好きだった父はかなり以前からホームページを立ち上げていて

運営もほぼ自分一人で行っていました。


父の突然の死亡により宙に浮いた状態の旧ホームページは

サーバーやドメインの契約先さえわかりませんでした。


私は数日間パソコンや電話の前で悶絶しつつ、なんとか契約先を見つける所までこぎつけたのですが

死亡者の契約を継続することはできず
旧ホームページは残念ながら7月31日にネット上から消滅してしまいました。


新ホームページをなんとかしなくては思いつつ父の死亡後の届け出やら

小川医院の引き継ぎやら事務作業に追われる毎日。
この二か月間で書類に自分の名前と住所を書いて印鑑を押すという作業を

今までの一生分くらいやったのではないかというくらいでした。

 

それでも父の遺志をついでできるだけ手作りのホームページをと思い

悪戦苦闘の末、なんとか公開にこぎつけました。


これからはこの新ホームページで情報発信していきます。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

 

 

2018年08月31日

ワクチンデーを考えています

今年は東京などで早くもインフルエンザによる学級閉鎖のニュースが流れてきました。そこで気になるのが予防注射です。

現在まだワクチンの入荷時期は決まっていませんが例年、10月の第三週から開始しています。昨年度は供給不足が問題になりました。

インフルエンザの流行期から考えると11月から1月初旬までに予防注射をしておくことが望ましいと言われています。

小川医院では本年11月、12月(もしかしたら来年1月まで)月に二回、日曜日に予防注射を打てる日を設けようかと考えています

平日は仕事で来られない方はこの機会に検討していただけると幸いです

またその日は普通の診療は行いませんので感染症の患者さんとの接触がないというメリットがあると思います。

スタッフが休日出勤となりますので必要最小限の人数となります。完全予約制で原則小学生以上で始めようと考えています。

具体的な日時が決定したらまたお知らせしたいと思います。

2018年09月14日

インフルエンザ予防注射開始のお知らせ!一部の日曜日も可能です

インフルエンザ予防接種を10月15日から始めます。

月容から土曜日も診療時間内にワクチンを打てます。(木曜午後を除く)
12歳以下の小児についてのみ電話が予約が必要です。13歳以上は1回接種、12歳以下の小児は2回接種です。

インフルエンザワクチンは接種後2週間くらいから有効となり(抗体ができる)効果は5か月程度持続すると言われています。
インフルエンザは12月ころから増え始め2月から3月に流行のピークを迎えるため、11月から12月初旬のころまでのワクチン接種をお勧めしています。

また、今年から日曜日にインフルエンザワクチン接種専用の日を設ける事にしました。日程は11月11日、25日、12月2日、16日です。
時間は9時から12時までで完全予約制です。接種予定日前々日の金曜日までに電話予約してください。

日曜日は医師一人と看護師一人の最小限のスタッフしかおりませんので、小さなお子さんの接種は難しく、
対象は小学生以上(スタッフの補助なしで注射を受けられる方)とさせていただきます。

 

2018年10月01日