ブログ一覧

ホームページをリニューアルしました

はじめまして

小川医院院長の小川貴史(たかふみ)です。

 

小川医院は来年で開院55周年を迎える白石区の内科診療所です。
私の父、「ドクター小川」こと小川哲夫が創設し今日に至っています。


私はキャリア30年の内科医ですが地域の「町医者」として小児科、皮膚科のプライマリケア(初期治療)、
父の専門分野であった漢方処方も可能な限り行っています。どうぞよろしくお願いします。


さて今年の6月26日に当院創設者であり前理事長の小川哲夫が86歳で亡くなりました。
(父の生涯や闘病記などはいずれこのブログなどで触れたいと思っています)


お年の割に新しい物が好きだった父はかなり以前からホームページを立ち上げていて

運営もほぼ自分一人で行っていました。


父の突然の死亡により宙に浮いた状態の旧ホームページは

サーバーやドメインの契約先さえわかりませんでした。


私は数日間パソコンや電話の前で悶絶しつつ、なんとか契約先を見つける所までこぎつけたのですが

死亡者の契約を継続することはできず
旧ホームページは残念ながら7月31日にネット上から消滅してしまいました。


新ホームページをなんとかしなくては思いつつ父の死亡後の届け出やら

小川医院の引き継ぎやら事務作業に追われる毎日。
この二か月間で書類に自分の名前と住所を書いて印鑑を押すという作業を

今までの一生分くらいやったのではないかというくらいでした。

 

それでも父の遺志をついでできるだけ手作りのホームページをと思い

悪戦苦闘の末、なんとか公開にこぎつけました。


これからはこの新ホームページで情報発信していきます。

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

 

 

2018年08月31日

ワクチンデーを考えています

今年は東京などで早くもインフルエンザによる学級閉鎖のニュースが流れてきました。そこで気になるのが予防注射です。

現在まだワクチンの入荷時期は決まっていませんが例年、10月の第三週から開始しています。昨年度は供給不足が問題になりました。

インフルエンザの流行期から考えると11月から1月初旬までに予防注射をしておくことが望ましいと言われています。

小川医院では本年11月、12月(もしかしたら来年1月まで)月に二回、日曜日に予防注射を打てる日を設けようかと考えています

平日は仕事で来られない方はこの機会に検討していただけると幸いです

またその日は普通の診療は行いませんので感染症の患者さんとの接触がないというメリットがあると思います。

スタッフが休日出勤となりますので必要最小限の人数となります。完全予約制で原則小学生以上で始めようと考えています。

具体的な日時が決定したらまたお知らせしたいと思います。

2018年09月14日

インフルエンザ予防注射開始のお知らせ!一部の日曜日も可能です

インフルエンザ予防接種を10月15日から始めます。

月容から土曜日も診療時間内にワクチンを打てます。(木曜午後を除く)
12歳以下の小児についてのみ電話が予約が必要です。13歳以上は1回接種、12歳以下の小児は2回接種です。

インフルエンザワクチンは接種後2週間くらいから有効となり(抗体ができる)効果は5か月程度持続すると言われています。
インフルエンザは12月ころから増え始め2月から3月に流行のピークを迎えるため、11月から12月初旬のころまでのワクチン接種をお勧めしています。

また、今年から日曜日にインフルエンザワクチン接種専用の日を設ける事にしました。日程は11月11日、25日、12月2日、16日です。
時間は9時から12時までで完全予約制です。接種予定日前々日の金曜日までに電話予約してください。

日曜日は医師一人と看護師一人の最小限のスタッフしかおりませんので、小さなお子さんの接種は難しく、
対象は小学生以上(スタッフの補助なしで注射を受けられる方)とさせていただきます。

 

2018年10月01日

風疹と予防注射について



すっかり寒くなり風邪の患者さんが増えてきました。

小川医院でも今シーズン第一号のインフルエンザ患者さんを診察しました。いよいよ感染症の流行期が始まりそうです。


 さて現在、最も話題になっている感染症が風疹です。昭和38年生まれの私は中学生の時に実際にかかっていて当時、学級閉鎖になった記憶があります。

その後、定期予防接種が始まり大きな流行はなくなったのですが2000年代に入ってたびたび流行が見られるようになりました。

最近ですと平成25年に年間14344人の感染が認められ先天性風疹症候群が45人に発症してしまいました。

今年、平成30年10月の段階で全国に1291人の風疹が発症しており過去3年間では発症者が0人だった札幌でも今年は5人が報告されています。

 


風疹の怖さ 


風疹は潜伏期2-3週間ほどで発症します。発熱と全身にひろがる小さな点状の発疹が特徴です。

かなり強い感染力を持っていて風疹患者さんが1人いると(免疫を持っていない人)5人から7人にうつす力があるといいます。

ちなみにインフルエンザは1人から2人と言われています。


 特に問題となるのは先天性風疹症候群です。妊娠20週未満の妊婦さんが風疹にかかった場合、赤ちゃんの目や耳や心臓などに悪い影響がでることが知られています。先天性風疹症候群と呼ばれています。

風疹に対する免疫力(抗体)を持っているかどうか
 まず実際に風疹にかかったことのある人は基本的に大丈夫です。ただ子供の頃にかかっていた場合、記憶が正しいかどうかが問題です。

本当はかかっていなかったのに、そう思い込んでいたという人もかなりいるようです。ご両親などに確認が必要です。

感染歴のない方の場合は予防注射の制度が時代によって違うため生まれた年と性別によって異なります。

 女性の場合。昭和37年生まれから平成元年生まれの方。予防注射はうけていても一回であることがほとんどです。

抗体価が不十分つまり風疹にかかりやすい状態である可能性があります。

 男性の場合。昭和54年以前に生まれた方は予防注射をうけていない方がほとんどです。

昭和54年から平成元年生まれの方は予防注射をうけていても一回であることがほとんどです。抗体価が不十分である可能性があります。

 


抗体検査と料金


風疹に実際にかかったことがなくて予防注射をうけていないか子供の時に一回しか受けていない方には抗体検査をお勧めします。

健康保険の対象外になります。

風疹抗体HI法 1780円(税込) EIA法 3240円(税込)


HI法では16倍以下、EIA法では8.0未満の数値が出た場合、ワクチン接種が勧められます。
※HI法とEIA法の違い 日本では長くHI法が標準的に使われてきました。国際的にはより正確なEIA法を推奨している国が多いようです。

 


札幌市在住の方で

1. 妊娠を希望している女性、2. 妊婦の配偶者 

については無料で検査できます。

 

実際にかかったことがある方、ワクチンを打っている方、抗体検査をすでにしている方は該当しません。
2の男性に関しては妊娠時健診で妊婦さんの風疹の抗体価が低かった場合、あるいは妊婦さんが抗体価検査をうけていない場合に限ります。
札幌市以外の方はご自身の住民票のある自治体に問い合わせてください。

 


ワクチンと料金


成人のワクチン接種は全額自費となります。

ワクチンの有効率は高く1回接種で十分な抗体ができる率は95%, 2回で99%と報告されています。

成人の場合、基本は1回接種ですがご希望があれば2回目の接種も可能です。その場合、4週間の間隔が必要です。

風疹ワクチン 6300円(税込)
MR(はしかと風疹のワクチンが混合されています)ワクチン 8000円(税込)

※現在、全国的に風疹単独ワクチンが不足しており、ほとんど流通していません。そこでMRワクチンの接種をお勧めしています。

風疹への感染歴、予防注射接種歴がないことがはっきりしている方については抗体検査なしでワクチンを打つことも可能だと思います。

不明な点は医師にお問い合わせください

 

 


平成30年10月23日 医療法人社団 小川医院 院長 小川貴史
tel 011-864-7995 HP http://ogawa-clinic1.com

2018年12月03日

5月からの診療時間変更とGWの診療について

トップページでわんちゃん先生(もっと可愛い名前募集中です笑)が告知している通り、5月7日から診療時間を変更し今までより30分早く8時スタートにします。

インフルエンザのシーズンに夜間の発熱があり出勤や登校前に検査をうけたい時や胃腸炎で食事がとれないときに早めに点滴ができるなどのメリットがあると思います。

 

 

今年のGWは10連休となりました。

当院は当番病院にあたっていませんが4月中30日、5月1日の午前中、通常診療を行います。

院外薬局さんのご協力もあり、定期薬の30日分処方なども可能です。

 

 

5月から元号が令和に替わりますね。私は平成元年に医師になりました。

替わった瞬間は友達の家で医師国家試験の勉強会をしていました。昭和天皇崩御の自粛ムードの中だったので今回のようなお祭り騒ぎはなく、淡々と発表された印象でしたね。

今までは平成の年数が自分のキャリアと同じだったので(今年は卒業31年目)わかりやすかったのですが来年からは30足すことになります。

 

まだまだ未熟者の自覚はあるのですが年数だけはいつの間にやら大ベテランのレベルです。あと何年現役でいられるのかなぁと思いつつ新時代にふさわしい医療サービスを提供できるように工夫していこうと考えています。



2019年04月11日

祝!開院55周年

2019年11月1日。

小川医院は開院55周年を迎えました。

 

この小さな診療所が長きにわたって頑張ってこられたのは、父、兄、義姉、歴代のスタッフたちの努力のたまものであり、通ってくれる患者さんたち、地域の皆さんとの協力あってこそだと思います。心より感謝いたします。

 

 5年前の50周年の時に何か記念の会を開こうと準備していたのですが、当時の理事長、父のゴーサインが出なかったので結局開かれませんでした。

なぜ父が乗り気でなかったのかは永遠の謎なのですが、開業から苦楽を共にした母が亡くなっていたせいかもしれません。

お祝いしてもらうにしても、スピーチするにしても2人そろっていなければ楽しくないと考えていたのかもしれませんね。

 

 今回は区切りのいい年であることをすっかり忘れていて記念行事は考えてもいませんでしたが、無事に60周年を迎えたら還暦のお祝いをしたいなと思いました。

その時、私は61歳。無病息災を目指して頑張ります(^^)/

 

2019年11月17日

朗報!AGA男性型脱毛症治療について

 

AGAの発毛促進剤として、当院では飲み薬の処方を行っています。

そこに新たな選択肢として、塗り薬が加わりました。ミノキシジル配合外用薬5%です。

テレビCMで有名なリ〇ップX5や、スカ〇プDの同じ成分で、それらよりも安く購入できます。

 

皮膚科学会の脱毛症治療ガイドラインでエビデンスレベルA(強く勧められる) のお薬です。

 

日本では医療用医薬品としては認められておらず、一般用医薬品(薬局で購入するもの) なのですが、

医療機関内での交付が可能と確認されましたので、当院でも取り扱いを始めました。

 

料金は1本60ml(30日分) で5000円です。(税抜き)

 

また、フィナステリドなど飲み薬と両方同時に使用することでさらに有効性が期待できます。

フィナステリド30日分とミノキシジル外用薬60mlのセットで10000円です。(税抜き)

 

 

これはかなりお得ではないかと思います^^

気になった方はお気軽にお伝えください。

 

※ミノキシジル5%は原則的には男性用です。

 

 

★★2020.11.12 追加情報です★★

 

AGA治療薬として効果の高い飲み薬、ザガーロにジェネリックが登場しました!

デュタステリドカプセルという名前で1カプセル280円(先発品は360円)です。

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2020年09月27日

感染対策をアップグレード。思い切って別館を作りました

冬を迎え、心配していた新型コロナウィルス感染症の第3波がやってきました。


第一波,第二波の時に「病院には発熱者がたくさん来ていて、受診したらコロナをうつされる」との不安から
必要なお薬の処方や幼小児の必要不可欠な予防注射を控える方がたくさんいらっしゃいました。
(実際には受診控えのため待合室はガラガラの状態)

 

従来から十分な感染対策をしておりほぼ心配いらないのですが、さらに不安を解消するため、新たに
発熱者専用のミニ診察室を作りました

★こちらが入り口です(順番に案内しますので入らずお待ちください)

 

同じ敷地内ですが、完全に別棟です。


当院でメンテナンスをお願いしている工務店に依頼し、期待以上にしっかりした感染対策を施しました。

 

これで発熱、感染疑いの方とそれ以外の方が院内で接近することは完全になくなりました。

 

★入口にてお座りいただきます

 

★パーティションごしに問診いたします

 

元々は私の父が高齢者用施設、シニアサロン「ひまわり」(現在閉館)として一軒家を改装した建物を今回、改めて診察室として再改装ました。


私とスタッフは行ったり来たりで結構大変ですが、定期通院など熱のない患者さんも、発熱の患者さんも、双方安心して受診できると思います。

 

発熱患者さんに関しては、
事前の電話連絡をお願いします。


電話で受診方法の案内と、他の患者さんと
重ならないように時間の調整を行います。

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2020年11月19日

新型コロナ感染症PCR検査について

 

当院でのPCR検査は原則的に保健所からの紹介患者さんに限って行っています。
曜日、時間も限定しています。


大変申し訳ありませんが事前の電話連絡が必須で、現時点では予約なしでの受診には対応できません。

 

現在、札幌市は感染拡大状況にあり、市外・道外との往来が難しい状況にあります。
しかしながら必要不可欠な状況での旅行といったケースはあると思います。

 

①高齢の親、兄弟が入院した、あるいは介護が必要な状況にあり市外に行く必要がある

②業務で出張が必要だが、出張先で事前のウィルス検査を要求されている

 

濃厚接触あるいは疑わしい症状がない場合、
健康保険を使っての検査はできませんが、
上記のような状況に限り、
自費での検査の相談を受ける事にしました。

 

料金はPCR検査、検査証明書の郵送を含めて
税込み30000円です。

 

さらに正確を期すための抗体検査(当日10分ほどで結果が判明します)をセットにした場合
税込み32000円になります。

(VISA、MASTER、JACCSでのカード払いも可)

完全予約制ですので、ご希望があれば電話連絡をお願いします。

 

なお、現在札幌市は検査状況もひっぱくしておりますので、医師が問診の上、
必要不可欠と思われない検査はお受けできません。

不安解消のため検査を受けたいという気持ちはわかりますが、今のところはご遠慮願います。
m(__)m

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る


2020年12月05日

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 本日はお正月らしく、丑年にちなんでの話題です


皆さんはワクチンという言葉の語源が、ラテン語の雄牛(vacca)である事をご存じでしょうか?

 

これは世界初のワクチンである天然痘のワクチンが、
牛から作られたことに由来します。

 

歴史は古く、日本だと江戸時代、
11代将軍家斉の頃だそうです。
そして現在、天然痘は根絶しています。

 

 かつて「ペスト」という疫病を媒介した
ねずみの年に新型コロナが大流行し、
牛の年にワクチンが広まって収束する。


そんな希望をもって新年を迎えたいと思います。

 

 当院では発熱者専用の別館診察室
(保健所の開設許可取得済み)を作りましたので、
新型コロナやインフルエンザの可能性がある患者さんと、
それ以外の患者さんが接近することは完全にありません。

 

しっかりと予防対策をとっておりますので、
安心して受診なさってください^^

 

 

ブログ一覧へ戻る

 

2021年01月06日

感染対策強化の報告と感謝


新型コロナの流行が始まってすでに一年以上、春になっても、なかなか収束が見えてきませんね。
ワクチンの普及によって事態が改善するのを待つばかりです。


北海道では「エールを北の医療へ!」という事業で医療従事者支援、医療資機材の整備を目的として寄付金を募集してきました。

おかげさまで多くの支援が集まったそうです。
当院も発熱外来を行っていることから補助金の対象となり支給していただけることになりました。
そこで早速、感染対策の改善、強化を行いました。


まずは受付、会計のパーティションです。
実は今までホームセンターで購入したビニールを洗濯紐で吊り下げて自作しており、ちょっとみすぼらしいなぁと思っていました。


(ビフォー)

 


今回、改めて業者さんに工事をお願いしてアルミ枠にアクリル板をはめこんだ機能、見た目とも完璧な物に改良。

(アフター)


また診療所入口にサーモグラフィーカメラを設置し体温測定がノータッチでできるようにしました

 

他に業務用の空気清浄機の追加購入、発熱外来用に手を触れずに蓋の開閉ができるゴミ箱を購入しました。
(すごく便利で自分でも買うかどうか検討中)今までの工夫に加え、さらに理想的な感染対策ができたと思います。


改めて寄付をしていただいた皆様方をはじめ地域医療を見守り応援してくださる方たちに心から感謝を申し上げます。


おまけ。自腹で購入した物
最近、処置室の壁に掛けたところ患者さんたちに好評です。


1000ピースのジグソーパズルで二週間かけて完成。
特徴の無い真っ黒なピースがたくさんあって心が折れそうになりましたが、がんばりました。
厄除けにぴったりですね。

 


ゴールデンウィークの診療予定
本年も例年通り、カレンダー通りの診療予定です。4/29, 5/2-5/5休診。5/1土曜日は午前診療。

 

ブログ一覧へ戻る

2021年03月30日